日本微生物研究所 全国対応!お問い合わせ下さい  

浴槽水等の水質検査について

公衆浴場・旅館業の浴施設に使用する水については、次の検査項目と検査頻度が定められております。「公衆浴場における水質基準に関する指針(平成12年12月15日厚生省生活衛生発1811号)」では、浴槽水等の水質検査を以下の項目及び頻度で行うことが定められております。

原水・原湯・上り用水・上り用湯

検 査 頻 度

検 査 項 目

水 質 基 準

<1年に1回以上>

色度 5度以下
濁度 2度以下
pH 5.8~8.6
過マンガン酸カリウム消費量 10㎎/L以下
大腸菌群 50 mL中に検出されないこと
レジオネラ属菌 10 CFU/100mL未満

  •  「原水」:原湯の原料とする水及び浴槽水の温度を調整する目的で浴槽に 直接注入される冷水。
  •  「原湯」:浴槽に直接注入される温水。
  •  「上り用水」:上り用水栓(シャワー等含)から供給される冷水。
  •  「上り用湯」:上り用湯線(シャワー等含)から供給される温水。

浴槽水の水質基準

検 査 頻 度

検 査 項 目

水 質 基 準

 <1年に1回以上>
循環ろ過装置を使用していない浴槽水や毎日 完全換水型循環浴槽水の場合

  • 濁度
  • 過マンガン酸カリウム消費量
  • 大腸菌群
  • レジオネラ属菌
  • 5度以下
  • 25 mg/L以下
  • 1個/mL以下
  • 10 CFU/100mL未満

<1年に2回以上>
連日使用循環浴槽浴槽水の場合

※浴槽水の消毒が塩素消毒でない場合は1年に4回以上


※ただし、都道府県知事は、営業者の申請に基づき、薬湯、温泉等を使用するものであるためこの基準により難しく、かつ、衛生上危害を生ずるおそれがないと認められるときは「濁度、過マンガン酸カリウム消費」の基準の一部又は全部の適用を除外することが出来る。