日本微生物研究所 全国対応!お問い合わせ下さい  

遊泳用プールの水質検査について

遊泳用プールの衛生基準 - 厚生労働省 -

遊泳用プールの水質基準

検 査 頻 度

検 査 項 目

水 質 基 準

<1ヶ月に1回以上>

水素イオン濃度 pH 5.8以上8.6以下
濁度 2度以下
過マンガン酸カリウム消費量 12 mg/L 以下
大腸菌 検出されないこと
一般細菌 200 CFU/mL 以下

<1年に1回以上>
※6月から9月までの時期に実施

総トリハロメタン おおむね0.2 mg/L 以下が望ましい。
(暫定目標値)

<毎日午前1回以上、午後2回以上>

遊離残留塩素濃度 0.4 mg/L 以上であること。
1.0 mg/L 以下であることが望ましい。

遊泳用プールのレジオネラ属菌水質基準(厚生労働省 健衛発第95号)

検 査 頻 度

検 査 項 目

水 質 基 準

<1年に1回以上> レジオネラ属菌 10 CFU/100mL未満

※エアロゾル(水の微粒子)を発生させやすい設備、水温が比較的高めの設備がある場合。