日本微生物研究所 全国対応!お問い合わせ下さい  

大腸菌群

大腸菌群腸管系病原微生物(赤痢、サルモネラ、腸管出血性大腸菌、コレラ菌、キャンピロバクターなど)の汚染指標です。熱に弱いのが特徴で、未加熱食品から少量だけ検出された時は、あまり意味はありません。しかし、菌量が多ければ不潔な取扱いを受けたことが推測されます。加熱処理された食品から検出された場合、不完全な加熱処理や加熱後の2次汚染など取扱の悪さを示します。





食品細菌検査(食中毒菌写真サンプル)一覧へ