日本微生物研究所 全国対応!お問い合わせ下さい  

黄色ブドウ球菌

黄色ブドウ球菌自然界に広く存在し、菌そのものではなく菌が産生する耐熱性の毒素(エンテロトキシン)が食中毒を引き起こします。 この毒素は加熱処理しても壊れません。汚染食品を摂取してから短時間で発症するので、原因食品を特定しやすく、主に食品従事者の手を介して食品を汚染します。食品全般に対する日常的な検査項目として重要です。食材からは検出されないことが望ましいです。


食品細菌検査(食中毒菌写真サンプル)一覧へ