日本微生物研究所 全国対応!お問い合わせ下さい  

キャンピロバクター

キャンピロバクター細菌性食中毒では、第一位の食中毒起因菌です。 鶏、牛、豚などの、特に鶏肉の保菌率が高い菌です。発育特性から、食品中で増殖することはないですが、少量の菌で感染が起こります。予防対策の基本は、食品への汚染防止です。



食材からは検出されてはなりません。





食品細菌検査(食中毒菌写真サンプル)一覧へ