日本微生物研究所 全国対応!お問い合わせ下さい  

腸内細菌検査(検便)

腸内細菌検査は食中毒を未然に防ぐためにも必要です!

腸内細菌検査(検便)は、食品取扱者(製造・調理・配膳・販売等)における細菌性食中毒の感染症の予防と、二次感染及び感染発生の予防の一環として実施されており、不顕性感染者(健康保菌者)を見つける事により安全で衛生的な食品を消費者(お客様)へ提供するために行う検査です。

推奨検査項目

弊社の腸内細菌検査(検便)の基本セットは「大量調理施設衛生管理マニュアル」に則した検査項目です。

腸管出血性大腸菌セット(EHECセット)

  • 赤痢菌
  • サルモネラ属菌 (チフス菌、パラチフスA菌)
  • 腸管出血性大腸菌(EHEC)

    遺伝子検査PCR法
    O-26、O-91、O-111、O-128、O-157など、その他全てのベロ毒素産生大腸菌(VT1, VT2)

【その他 検査項目】

上記検査項目以外にも、黄色ブドウ球菌・コレラ菌・腸炎ビブリオキャンピロバクターセレウス菌、その他ノロウイルス(G1・G2)等の検査も受け賜ります。

検査受付

月曜日~土曜日(日・祝祭日を除く) ※検体受付日(弊社へ検体到着日)

検査結果報告

3~5営業日(ウェブシステムご利用の場合は、2~5営業日)

日本微生物研究所ウェブシステムについて

腸内細菌検査(検便)の流れ

検査については下記の手順で実施いたします。

  1. 検査の実施に際しましては、まずは弊社までお問い合わせ下さい。実施内容に基づき、お見積りをご提出いたしますので、ご検討後ご契約をお願いいたします。

  2. 弊社より採便容器を送付させていただきます。

  3. 採便方法にしたがって便を採取いただきます。

  4. 検体を弊社までご送付ください。

  5. 検査実施後、弊社より検査結果を報告させていただきます。

  • 検体提出より報告書が手元に届くまで約1週間程度となります。 但し、陽性結果が出た場合には予め指定を受けた連絡先に検査確定次第、緊急報告いたします。(薬剤感受性試験報告書含む)