日本微生物研究所 全国対応!お問い合わせ下さい  

腸管出血性大腸菌(EHEC)について

腸管出血性大腸菌(EHEC)とは病原性大腸菌の中の1グループ。ベロ毒素(VT1・VT2)を産生する大腸菌の総称で、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」で第三類感染症に指定を受けています。

特 徴

ベロ毒素(VT1・VT2)という強力な毒素を産生する病原性大腸菌です。このベロ毒素(VT1・VT2)は、体内に侵入すると大腸をただれさせ、血管壁を破壊して出血を起こします。さらに、腎臓に障害を与え、脳や神経にも作用して発病してから短時間で生命を奪うこともあります。

大腸菌は、腸管内に最も多数存在する腸内細菌です。その中でも下痢の原因となる病原性大腸菌は現在、病原血清大腸菌、腸管侵入性大腸菌、毒素原性大腸菌、腸管出血性大腸菌の5種類に分類されています。特に、腸管出血性大腸菌(EHEC;O-26・O-91・O-111・O-128・O-157等)は食中毒菌として重要であり、三類感染症に指定されています。経口感染で飲食物からの感染や、人から人への感染、水を介しての感染で大規模な集団食中毒を起こします。

【 ベロ毒素(Verotoxin)とは・・・ 】
培養細胞の一種である「Vero細胞(アフリカミドリザルの腎臓由来)」に対して強い毒性を呈することから命名された毒素です。
血管内被細胞、近位尿細管の細胞に障害を与え、出血性下痢や腎不全の原因となります。

原因食品 と 症状

分布が家畜、ペット、健康人や、自然環境に及んでいるため原因食品は多種にわたります。
未消毒の井戸水やレバーなどの生肉は要注意です。

症状は激しい腹痛が起こり、下痢を繰り返し、鮮血の混じった下痢便が出るようになります。さらにひどくなると溶血性尿毒症症候群(HUS)や、脳症などの重症合併症が生じることがあり、重症患者では死に至ることもあります。

【 溶血性尿毒症症候群(HUS)とは・・・】
溶血性貧血、血小板減少、腎不全の3つの症状を特徴とする症候群で、幼児や高齢者では危険度が高くなります。

予防法

  • 食材はよく洗い、十分に加熱する。(中心温度75℃・1分以上)
  • 手洗いの励行
  • 食肉を扱った容器、包丁、まな板は熱湯で殺菌する。
  • 低温でも生き続けるので、冷蔵庫に入れたことで安心しない。
  • 井戸水はそのまま飲まない。
  • 定期的な水質検査を実施する。

TOP PAGE

 日本微生物研究所 - トップページ